カーシェアリングとは

カーシェアリングとは

カーシェアリングとは、車を共有することで、日本でも事業ととして数社が取り組んでいます。

レンタカーとの違いは、駐車場の共有です、シェアリングカーは一般の有料駐車場やマンションなどの集合住宅に設置することができます。

従いまして、地理的に車の位置が近くなり、そり一層使いやすくなった、更に利用時間の区切りがより細かく設定できるので、料金の無駄がレンタカーと比べて少ない、などのメリットがあります。

レンタカーとカーシェアリングの比較

レンタカーとカーシェアリングの、メリットとデメリットにどのような違いがあるのか、その比較してみたいと思います。

レンタカーとカーシェアリングのメリット

レンタカーとカーシェアリングには様々なメリットがあります、その違いを比較してみました。

レンタカーとカーシェアリングの共通のメリット

マイカーと比べたレンタカーとカーシェアリングの共通のメリットと思われる3項目を記載してみました。

  • レンタカーとカーシェアリングのメリットは、車の購入費、車検やタイヤ交換などの維持費、自賠責や任意保険などの保険料が不要である。
  • 持ち家で駐車場がある場合を除き、駐車場を借りる必要がない。
  • 借主に責任がない限り、車の故障や破損した場合の修理代金は不要である。

カーシェアリングにはないレンタカーだけのメリット

カーシェアリングとレンタカーを比較して、レンタカーだけのメリットと思われる2項目を記載してみました。

  • 長時間の利用では、カーシェアリングよりも利用料金が安くなることがある。
  • トラックなど用途に合わせて、豊富な車種から選ぶことができる。

レンタカーにはないカーシェアリングだけのメリット

カーシェアリングとレンタカーを比較して、カーシェアリングだけのメリットと思われる4項目を記載してみました。

  • カーシェアリングは距離料金計算なので、ガソリン単価の変動に影響されない。
  • レンタカーの店舗よりも自宅に近い駐車場で車を借りられる。
  • 1時間~3時間程度ならレンタカーよりも遥かに安い。
  • 車を借りる時と返却時に、レンタカーより手間が全くかからない。

レンタカーとカーシェアリングのデメリット

レンタカーとカーシェアリングには様々なデメリットがあります、その違いを比較してみました。

レンタカーとカーシェアリングの共通のデメリット

マイカーと比べたレンタカーとカーシェアリングの共通のデメリットと思われる3項目を記載してみました。

  • 自宅から車までが遠いので、無計画では車の乗れない。
  • タバコやペットを気にしないで利用できる。
  • 車の忘れ物をしても取りに行ける。
  • 次の予約があるため、時間延長ができないことがある。

要約すると、車内では自分がルールである、ということですね。

カーシェアリングにはないレンタカーだけのデメリット

カーシェアリングとレンタカーを比較して、レンタカーだけのデメリットと思われる2項目を記載してみました。

  • 車を借りる時と返却時に手間がかかる。
  • ガソリン代は自分持ちなので、ガソリン単価に影響される。

レンタカーにはないカーシェアリングだけのデメリット

カーシェアリングとレンタカーを比較して、カーシェアリングだけのデメリットと思われる項目を記載してみました。

  • 車内でのタバコやペットの同乗、灯油の積み込みなど、利用規約が厳しい。
  • 長距離には向かない。

カーシェアリングの最大の特徴な何か

マイカーと比べて、カーシェアリングの最大の特徴な何か、それはズバリ月極駐車場の料金です。

月極駐車場の料金は、都市部になるほど高く、四畳半のアパートの家賃以上の相場になります。

カーシェアリングとは、それは車のシェアであるのですが、同時に駐車場のシェアでもあるということです。

その他に、保険料、車検料、メンテナンス料、車の買い替えなどもシェアしています。

ただその反面マイカーとは違い、車の利用に不便を感じる、車を利用するときの規制があるなど、デメリットもありますが、今は何を優先するか、実利で検討することが正しいのではないかと考えます。

その根底にあるのが経済的な面です、やはりシェアリングカーの経済効果は、都市部ほど大きいです、今を少し我慢して将来のためにという方多いようです。

中には、車を選ぶ際の試乗として利用していらっしゃる方もおります。

福岡市ではカーシェアリングを推奨しています、このように地方都市でもカーシェアリングの注目度は上がってきているようです。

カーシェアリングの今後の市場

カーシェアリング市場は、今後も伸びていくと、矢野経済研究所は分析しています。

それによりますと、2014年のカーシェアリング規模は、154億円で前年比45.3%増だそうです。

2020年には295億円に達するのではないか、と予測しているようです。

日本のカーシェアリング市場へ参入した企業は、何度となく参入と撤退を繰り返してきました。

カーシェアリングに対する認知度が低いこともあるかもしれませんが、一番のポイントは収益性が厳しいことのようです。

薄利多売というように、ある程度の規模が必要とされる、ということらしいです。

確かに車を用意できるだけではだめで、シェアリングカーを身近な場所に設置するために、多くの駐車場を確保する必要があり、不動産という面でもクリアしなければならないので、ある程度の基盤と資金力がないと、カーシェアリング市場では生き残っていけないようです。

そこで私は、これからカーシェアリングを考えるのであれば、既に駐車場事業で基盤のあるタイムズ24株式会社のタイムズカープラス、三井不動産リアルティ株式会社が駐車場運営する三井のリパークを基盤としたカレコクラブ、この2社は将来的にも安定してカーシェアリング事業を展開していくものと考えています。

やはり、カーシェアリング会員として登録しても、カーシェアリング事業から撤退してしまうかもしれない事業者に登録するよりは、将来を見越せる業者の方が良いのではないか、そう考えた私はタイムズカープラスカレコクラブのカーシェアリングの記事を書きました。

私が正しいとか間違っているとかではなく、カーシェアリングを検討する際に、このような裏方の事情を知ることも大切なのではないかと思います。

バイク王
↑↑↑
使わないバイクがあるなら、もったいないから次の人に乗ってもらう

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。