カーシェアリング予約の方法と使い方の比較

予約

パーク24グループであるタイムズ24株式会社のタイムズカープラス、三井のリパークを運営する三井不動産リアルティ株式会社が全株を保有する、カーシェアリング・ジャパン株式会社のカレコクラブ、この大手2社のカーシェアリングの予約の方法と使い方を比較できるようにまとめてみました。

カーシェアリングの予約の流れを比較

カーシェアリングを予約する際の、タイムズカープラスとカレコの予約の方法と、ご利用になるまでの流れを比較できるようにまとめてみました。

タイムズカープラスのカーシェアリング予約と流れ

タイムズカープラスのカーシェアリングの予約はインターネットで行います、予約の仕方と、その流れを記載しています。

予約の方法

タイムズカープラスのカーシェアリングの予約方法は、パソコン、スマートフォン、携帯電話からタイムズカープラス会員サイトにログインして予約します、予約完了から3分後にシェアリングカーが利用可能となります。

既に目的地が決まっている場合は、予約時に事前にカーナビ登録をしておくことで、車で即座に出発することができます。

予約のキャンセルですが、予約した利用開始時間の1分前までは無料でキャンセルできますが、それ以降では予約した利用終了時間を変更することになりますので、最少予約時間の30分以上の利用時間の料金がキャンセル料となるようです。

流れ

タイムズカープラスのカーシェアリング予約時の流れは2ステップです、その概要を記載していきます。

  1. ステーションを検索する
  2. 利用時間をセッティングする

最初に、タイムズカープラス会員サイトにログインして、シェアリングカーが停めてあるステーション(タイムズの駐車場)を、住所、駅名、車種、地図からなど、お好みに合わせて検索します。

ご希望の車種で検索した場合、ステーションに全ての車種があるわけではないため、検索結果がご希望の地域でない場合もあります。

次に、利用時間に合わせた課金スタイルを決めて利用時間をセッティングします、詳しくはタイムズカープラスリンク集で確認できます。

カレコのカーシェアリング予約と流れ

カレコのカーシェアリングの予約はインターネット、またはアプリで行います、予約の仕方と、その流れを記載しています。

予約の方法

カレコのカーシェアリングの予約方法は、パソコン、スマートフォン、携帯電話からカレコ会員サイトにログインして、またはスマートフォンアプリを利用して予約します。

予約のキャンセルですが、予約したご利用開始時間までは無料でキャンセルできますが、それ以降では、予約した利用時間の料金がキャンセル料として発生してしまいます。

流れ

カレコのカーシェアリング予約時の流れは2ステップです、その概要を記載していきます。

  1. ステーションを検索する
  2. 利用時間をセッティングする

最初に、カレコ会員サイトにログインして、またはスマートフォンアプリを利用して、シェアリングカーが止めてあるステーション(カレコの駐車場)を、住所、駅名、車種、地図からなど、お好みに合わせて検索します。

ご希望の車種で検索した場合、ステーションごとに全ての車種があるわけではないため、検索結果がご希望の地域でない場合もあります。

次に、利用時間をセッティングします、利用時間に合わせて課金スタイルは最安値で自動選択されますので、課金スタイルを選択する必要はありません、詳しくはカレコクラブリンク集で確認できます。

カーシェアリングの使い方を比較

カーシェアリングの使い方を、タイムズカープラスとカレコで比較できるようまとめてみました。

タイムズカープラスのカーシェアリングの使い方

予約完了後の、タイムズカープラスのカーシェアリングの使い方の概要を記載しています。

ドアを開錠して出発する

予約したステーションへ行き、タイムズカープラスカードをタッチパネルにかざして、車のドアを開錠します。

開錠後、車内の助手席側にあるボックスからエンジンキーを取出し、エンジンを駆けて出発します。

駐車スペースから車を移動したら、車の返却時に、他の車がシェアリングカーのスペースに駐車してしまい、戻すことができなくなることを防ぐために、タイムズの看板を所定の位置に置きます。

燃料メーターを確認する

出発したら最初、燃料メーターを確認します、出発時に、あるいは返却時にガソリンの残量が少なかった場合は、お近くの指定のガソリンスタンドで給油します。

ガソリン代はシェアリングカーにある給油カードでお支払いしますので、ご自身のお財布からお金を出す必要はありません。

ここで一つ疑問があると思うのですが「ガソリン補給にかかった時間がもったいないのでは?」この点については後述させていただきます。

予約した時間をオーバーするときは

予定よりも時間がかかってしまい、予約した時間に返却できないときは、オーバーする見込み時間を車内のカーナビを使い、延長の手続きをすることができます。

一部の外車には、カーナビが搭載されていません、タイムズカープラスの車種をご参照ください。

元の駐車スペースに返却する

使用が終わりましたシェアリングカーは、一部の乗り捨てプランを除いて、必ず元の駐車スペースに返却します。

その後、タイムズカープラスカードをタッチパネルにかざして、車のドアを全て施錠して返却は完了します。

忘れ物に気付いた場合、一定の時間内であれば、タイムズカープラスカードをタッチパネルにかざして、1回限りで再度ドアを開錠することができます、詳しくはタイムズカープラスリンク集で確認できます。

カレコのカーシェアリングの使い方

予約完了後の、カレコのカーシェアリングの使い方の概要を記載しています。

ドアを開錠して出発する

予約したステーションへ行き、カレコ会員サイトへログインして「利用開始ボタン」をクリックして車のドアを開錠します、またはICカードをタッチパネルにかざして開錠することもできます。

開錠後、車内の助手席側にあるボックスからエンジンキーを取出し、エンジンを駆けて出発します。

駐車スペースから車を移動したら、車の返却時に、他の車がシェアリングカーのスペースに駐車してしまい、戻すことができなくなることを防ぐために、カレコの看板を所定の位置に置きます。

燃料メーターを確認する

出発したら最初、燃料メーターを確認します、出発時に、あるいは返却時にガソリンの残量が少なかった場合は、お近くの指定のガソリンスタンドで給油します。

ガソリン代はシェアリングカーにある給油カードでお支払いしますので、ご自身のお財布からお金を出す必要はありません。

10リットル以上の給油で300円分の、シェアリングカー利用料金に使えるクーポンが貰えますので、給油時間による利用時間の目減り分は解消できます。

予約した時間をオーバーするときは

予定よりも時間がかかってしまい、予約した時間に返却できないときは、カレコ会員サイトにログインして予約変更ボタンから延長することができます。

ただし、ご利用になっている車の後続の予約がある場合は、通常料金では延長することができません、渋滞などで、どうしても予約終了時間に間に合わなかった場合でも、通常の2倍の超過料金が加算されてしまいます。

元の駐車スペースに返却する

使用が終わりましたシェアリングカーは、必ず元の駐車スペースに返却します。

その後、カレコ会員サイトへログインして利用終了ボタンをクリック、またはICカードをタッチパネルにかざして車のドアを全て施錠して返却は完了します。

忘れ物に気付いた場合、施錠後10分以内であればカレコ会員サイトへログイン、またはICカードで、1回限りで再度ドアを開錠することができます、詳しくはカレコクラブリンク集で確認できます。

タイムズカープラスとカレコの予約と使い方の比較まとめ

タイムズカープラスとカレコのカーシェアリング予約と使い方の比較をまとめてみました。

タイムスカープラスの予約では、希望の場所のステーションにある車種が既に予約されていた場合に、その車の返却が完了した、あるいは予約がキャンセルされた、などの情報を送ってもらうことができる。

また、予約時にアプリを使うことで、空きのある車の位置情報が一覧で確認できる。

カレコの予約では、ご利用になるステーションを会員サイトに登録しておくことで、車の空き情報が一目でわかる。

また、予約時間の10分前から車の利用が可能である。

タイムズカープラスとカレコ、どちらにも給油と洗車をした場合、利用時間が目減りした分のサービスがある。

また、どちらも利用時間の延長はできるが、タイムズカープラスではカーナビを利用するが、カレコでは携帯端末を利用する。

タイムズカープラスとカレコの予約時のポイントなのですが、車での移動時間にどのくらいかかるのか、ここを会員サイトのナビシステムで確認することが大切です。

それから、タイムズカープラスとカレコに限った事ではないのですが、カーシェアリングのご利用にあたっては下記のような共通マナー事項があります、気持ちの良い使い方を心がけることが大切ですね。

  1. タイヤなどの出発前の車の点検
  2. 禁煙
  3. 灯油などの運搬は禁止
  4. 車内にゴミを残さない
  5. シェアリングカーの看板を適切に移動する
  6. 返却時には簡単な清掃をすることで忘れ物チェックができる
バイク王
↑↑↑
使わないバイクがあるなら、もったいないから次の人に乗ってもらう

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。